ドコモ光2gbps<一番お得な契約方法>

一番得するドコモ光のプロバイダとは?

ドコモ光の導入を検討している人は、とにかく安くて、回線が安定していて、キャッシュバックが確実に受け取れるところを選びましょう。

当サイトでは回線業者の営業をしていた私がドコモ光で最強のプロバイダーを厳選しています!

一番おすすめのプロバイダーと、メリットデメリットなどについてわかりやすく検証していきたいと思います。

キャッシュバックが受け取れなかったりする悪質なプロバイダーなどから身を守るためにも、いろいろな知識を身につけておきましょう!

ドコモ光で一番特典が多くて安いプロバイダ

ドコモ光の一番得するプロバイダは間違いなく「GMOとくとくBB」でしょう。

大量にあるプロバイダの中でなぜGMOとくとくBBが一番得するのかといえば、確実にもらえるキャッシュバックや、月額が安くなるキャンペーンの豊富さ、回線の安定性などが口コミでピカイチだからなんです。

なお、ドコモ光と契約するときは代理店を使うのはおすすめできません。

代理店がおすすめできない理由としては、キャッシュバック申請の手続きが複雑になっていて、振り込まれるまでに半年や1年以上かかってしまうからなんです。

詳しくは当サイトの別の章で解説しています。

ドコモ光を検討中で、GMOとくとくBBから申し込みたいという人は、下記のページから申し込めば簡単にキャッシュバック手続きを済ますことができます。

プロバイダ選びをやることによって具体的に何のメリットがあるのか?

プロバイダを比較する前に、プロバイダを変更すると何が違うのかを解説していきたいと思います。

光ファイバ自体はドコモ光だったとしても、プロバイダを変えることによって以下のような箇所が変わってきます。

キャッシュバックの金額やオプションの要不要、Wi-Fi端末が無料かどうか、回線速度の安定性。

どういった基準で選べばいいのか一つずつ見ていきたいと思います。

選び方1 毎月の料金が安いタイプかどうか

まずそもそも、ドコモ光はプロバイダによって月額料金が変動します。

月額料金が安いタイプAと、少し高めのタイプBがあります。

戸建て月額料金 タイプA:5,720円 タイプB:5,940円

マンション月額料金 タイプA:4,400円 タイプB:4,620円

タイプA:ドコモnet、ぷらら、ビッグローブ、DTI、GMOとくとくBB、@nifty

タイプB:OCN、@Tcom、AsahiNet、TNC、WAKWAK、ちゃんぷるネット

上記の料金の差額は、ドコモ光とプロバイダがどういう契約体系で契約しているかによります。

タイプAでもBでも回線速度が速いとかの違いはないので、正直どちらを選んでも変わりません。

毎月数百円の違いだったとしても、年単位で考えると数千円以上の差額になります。なので、プロバイダはタイプAから選んだ方がいいでしょう。

もっと高いタイプのCやDなどもありますが、Bと同様に違いはありませんので、とくに契約する必要性もないと思います。

選び方2 回線スピードが速いかどうか

次のポイントとして、回線速度はどれくらいのスピードが出て、快適性はどれくらいあるのかをチェックしましょう。

そもそもドコモ光の回線速度はどれくらいでるのでしょうか?最高速で1Gbpsとなっていますが、これは理論値に過ぎません。

光回線の本当の速度を知るためには、実際に使っている人の回線速度を調べるのが一番手っ取り早いですね。

GMOとくとくBB 284.7Mbps

ドコモnet 253.5Mbps

OCN 236.0Mbps

@nifty 203.9Mbps

ハイホー 100.8Mbps

上記の一覧表のように、プロバイダ如何によってはこんなにもスピードに開きがでてしまうのです。

ではなぜこれだけの差が生まれるのでしょうか?それは最新のv6という規格に対応しているかどうかの違いなんです。

また他にも、レンタルしている端末の違いや、プロバイダと自宅との距離などによっても回線速度が変わるので、できるだけ利用者の口コミを参考にするのがおすすめです。

選び方3 Wi-Fiルーターが無料かどうか

次の選び方のポイントとして、端末が無料で使えるかどうかをチェックしましょう。

スマホでもゲームでも直接4Gの回線につながないで、Wi-Fiを経由してつないでいる人が多いと思います。

このWi-Fiを飛ばしているルーターを無料でレンタルしてくれるプロバイダと、有料でレンタルしているところがあります。

Wi-Fiルーターを無料でレンタルできるところは次のようなところがあります。

無料レンタルあり:ぷらら、ビッグローブ、OCN、hi-ho、GMOとくとくBB、@nifty

無料レンタルなし:ドコモnet、DTI、@Tcom、AsahiNet、WAKWAK、エディオンネット

たとえばですが、ドコモネットでは端末をレンタルすると毎月約300円、購入すると7000円くらいかかってしまいます。

さらにいうと、端末は種類が非常に多くて、性能の悪いものを選んでしまったりすると、接続が安定しなかったりします。

端末について詳しくわからないという人は、無料で端末をレンタルしているところを選びましょう。

選び方4 キャッシュバックの金額

プロバイダ選びの4つめのポイントとしてはキャッシュバックがいくらもらえるかです。

プロバイダ各社のキャッシュバックを比較してみたのでご覧ください。

GMOとくとくBB CB額:20,000円 受取時期:5ヶ月後

OCN CB額:20,000円 受取時期:2ヶ月後

@nifty CB額:20,000円 受取時期:12ヶ月後

plala CB額:15,000円 受取時期:5ヶ月後

これら以外のプロバイダで契約したとしてもキャッシュバックはもらえません。

どこのプロバイダを選択しても、ドコモ光の料金や最高速度は同じになります。なので、ドコモ光を契約するなら一番特典が豊富なプロバイダから選びましょう。

なおどこのプロバイダで契約したとしても、ドコモ光がやっている工事費無料特典は受け取ることができます。

ドコモ光の上位のプロバイダを比較してみました!

上記のプロバイダの選び方4つを踏まえた上でのプロバイダ比較表を見てみましょう!

GMOとくとくBB 平均速度:284.7Mbps CB額:20,000円

ぷらら 平均速度:228.4Mbps CB額:15,000円

@nifty 平均速度:203.9Mbps CB額:20,000円

hi-ho 平均速度:100.8Mbps CB額:なし

ビッグローブ 平均速度:240.3Mbps CB額:なし

一番おすすめのプロバイダはGMOとくとくBBです。タイプAで回線速度も高速で、端末も無料で使えて、2万円のキャッシュバックも付いています。

最近では在宅勤務でテレワークやリモートワークなどが増えてきていて、高速設備が必要になってきています。

ネット環境はなるべく高速で安定していることが大切だといえるでしょう!

一番特典が豪華で一番サービスが充実しているのがGMOとくとくBBです!

あらゆる切り口からおすすめできるのは「GMOとくとくBB」ですね。回線の速度も速くて安定していて、キャンペーンも充実しています。

スマホやパソコンやゲーム機でWi-Fiを使いたい人も、最新機種のルーター端末を無料で貸し出してくれるので、おすすめです!

GMOとくとくBBは公式サイトから申し込むことにより高額キャッシュバックなどの特典を受け取ることができます。

GMOとくとくBBのメリット3つ

メリット1 口コミがよくて回線が安定している

GMOとくとくBBでは、実際のお客さんの回線スピードを毎月公開していて、最近のでいうとダウンロードスピードが平均で約340mpbsくらい、アップロードスピードが平均で300Mbpsくらいとなっています。

GMOとくとくBB以外の競合他社のプロバイダを見てみると、実際の生データなんて公開していないので、どれだけ自信を持っているかがわかりますね。

公式サイトのデータだけではなくて、SNSなどの口コミも参考にしてみると、600Mbpsくらいでているひともたくさんいるくらいです。

GMOとくとくBBに直接、なぜこんなにも回線速度が速くて安定しているのか問い合わせて見たところ、設備投資をかなりしているとのことです。

他にも、プレステやスイッチなどのゲーム機でも快適に使えるという口コミがたくさん寄せられています。

快適につながるネット環境は欠かせませんよね。実際に楽しんでいる口コミが多いと信頼感が抜群にあります。

メリット2 高額な機材を無料でレンタルできる!

GMOとくとくBBでは通販で購入すると万単位のルーターを無料でレンタルしてくれます。

この高級なWi-FiルーターはGMOとくとくBBの方で初期設定が終わった状態で届くのですぐ使うことができるのです。

機材に詳しくない人やパソコンの設定が面倒だというひとは、この設定済みはとてもいいですよね。

ドコモ光の工事日程が決定すると、申し込んだ時の携帯番号に、ルーターレンタルのSMSが届きます。

工事日程までに到着するように、この案内がきたらすぐに手続きをするようにしましょう。

メリット3 2万円の確実なキャッシュバック

GMOとくとくBBのキャンペーンサイトから契約すると、光回線の本契約のみで、オプション一切不要で、2万円もの現金をキャッシュバックしてもらえます。

2万円もらえるプロバイダといえば、@niftyもありますが、こちらは、スカパーなどいろいろなオプションをつけてこそもらえるものなので、GMOとくとくBBがどれだけお得かがわかりますよね。

また他にも、dポイントや家電量販店のキャッシュバックは利便性が悪いのでおすすめできません。

こういった点では、GMOとくとくBBなら5ヶ月後に現金で振り込んでもらえるので、とても便利ですね。

GMOとくとくBBにもデメリットがある

デメリット1 回線スピードが安定しないときもある

回線が高速だといわれているGMOとくとくBBですが、どうしても遅くなってしまうタイミングも存在します。

光回線やその他の固定回線は、その家の立地条件や、角部屋かどうか、近くにマンションが密集しているかどうかなど、あらゆる条件に左右されるので、ある程度の回線速度は予測できても、本当のスピードというのは実際に導入してみるまではわからないものです。

ですが、光回線を選び抜いて、プロバイダを選び抜いて、工事の時間をさいて、せっかく導入したわけですから、遅いのは避けたいですよね。

光回線を使用中に遅くなってしまったり、回線が不安定になってしまったりしたら、v6プラスで接続中かどうかを確かめてみるというのも一つの手ですね。

GMOとくとくBBの回線速度が遅いときは、v6プラスで接続できているかチェックできるサイトにアクセスして、v6プラスで接続されているかを確認しましょう。

v6プラス接続というのはそもそも、GMOとくとくBBから無料でレンタルできている、Wi-Fiルーターの端末でインターネットに接続すると自動的につながっています。

v6プラス接続を実際に利用しているお客さんの口コミを見てみると、かなり早くなったという口コミをよく見かけますね。

上記のチェックサイトでv6プラス接続が確認できたのにもかかわらず、回線速度が遅いままだった場合はWi-Fiルーターの端末を電源を入れ直してみましょう。

デメリット2 キャッシュバック手続きのメールに注意

GMOとくとくBBでは開通してから4ヶ月目にキャッシュバックの案内メールが配信されます。

この申請の案内メールが送られてくるのは、ドコモ光を契約したときに登録したメールアドレスに送られてくるので注意しましょう。

どういうことかというと、GMOとくとくBBのキャッシュバック案内メールは、自分のメールボックスを見ているだけではだめで、自分でアクセスする必要があります。

以上のようなことから、ドコモ光が開通したらキャッシュバックの案内メールが送られてくる時期をカレンダーに記しておきましょう。

GMOとくとくBBのキャッシュバック申請手続の期限は翌月までとなっているので、メールが届いたら早めに申請を完了させてください。

ドコモ光のプロバイダを変更するには?

ここからは、ドコモ光のプロバイダだけを変更したり変更するステップを解説していきたいと思います。

もしもプロバイダが自分にあわなかったときは、次の手順で変更が可能です。

1,カスタマーサービスやショップに問い合わせる

2,変更の書類が送られてくる

申し込みからプロバイダを切り替える日数は最短で1週間くらいです。希望日があるのであれば自分で申し込むこともできます。

ちなみに、ドコモお客様サポートセンターは、ドコモのスマホを持っているのであれば151でつながります。

カスタマーサポートが混み合っているときは、ドコモの公式サイトから電話の予約を入れることができるので活用してみてください。

プロバイダを変更すると事務手数料として約3000円かかりますが、この3000円は翌月のドコモ光の月額料金から引き落とされます。

ドコモ光で一番最安のプロバイダとは?

ドコモ光のプロバイダでキャンペーンが豊富で一番得するプロバイダを選び抜きましょう。

そもそも、ドコモ光は契約するプロバイダによってキャンペーンや回線速度や安定性などが違ってきます。

ドコモ光の中で大量にあるプロバイダの中でも、確実に受け取れる受け取りやすい高額キャッシュバックをやっていて、キャンペーンが充実しているのは、ダントツで「GMOとくとくBB」になります。

当サイトでは光回線のプロバイダを知り尽くした管理人の私が、あらゆる視点から徹底比較した最強のプロバイダを厳選しています!

当サイトを読んでいただければ、ドコモ光のプロバイダについて網羅できるだけではなく、一番得するGMOとくとくBBのキャッシュバックの受け取り方や細かいキャンペーンも知ってもらうことができると思います。

ドコモ光のプロバイダ選びのポイント!

自分が一番満足できるようなプロバイダを厳選するために見極めるコツを解説していきたいと思います。

とはいっても、プロバイダを選び抜く前に基礎知識を身につけておく必要があると思います。

そもそもとして、プロバイダというのはネット世界に接続するための関門みたいになっていて、プロバイダを中継しない限りネットに接続することは不可能です。

ほとんどの光回線はプロバイダとセットになっていることが多いのですが、別に契約することも可能なんです。

また近年になって、プロバイダ経由から光回線を申し込むことにより、今までになかったような得するキャンペーンを適用してもらえることが多くなっています。

ドコモ光を契約するときに選べるプロバイダにはたくさんあって、代表的なものにGMOとくとくBB、ぷらら、@nifty、DTIなどがあります。

ですが、プロバイダ一つ一つによってかなりキャンペーンや割引額に違いが生じてしまうので、本当にお得なところを見極められるようにしましょう。

ポイント1 現金の高額キャッシュバック

ドコモ光の公式サイトや、店舗から申し込むのではなくて、プロバイダのキャンペーンを通じて申し込むことにより、独自の特典を手に入れることができます。

ちなみに、独自のキャッシュバックを一番受け取る方法としては、オプションがいらないプロバイダの中から最高金額のキャッシュバックをしているところを選びましょう。

GMOとくとくBBのキャンペーンなら、2万円ものキャッシュバックをしていて、最高額の現金がもらえます。

ポイント2 毎月の料金が安いかどうか

ドコモ光で選択できるプロバイダは自分で選べますが、毎月の支払金額はタイプが3つになっていて、一番おすすめなのがタイプAとなっています。

タイプAの方が安いからなんか質が悪いんじゃないかと勘ぐりたくなってしまいますが、実はこれはプロバイダとドコモとの契約料の違いなので、質自体には何の違いもありません。

ちなみに、単独タイプと呼ばれているプロバイダとセットじゃないプランでは、基本料金が安くなっていますが、プロバイダを自分で探す必要があるので別契約になり高くなってしまいます。

ポイント3 ルーターや機器の無料レンタル

プロバイダの中には、光回線を快適に楽しむためのルーター端末を無償でレンタルしているところもたくさんあります。

光回線をルーターに接続すると、家の中ならどこでもネットに接続することができるので、無料で端末を貸し出しているところを選択しましょう。

ドコモ光のプロバイダの中には高級なルーター端末を用意しているところもあるので、持っているという人でも新しくしてみる絶好のタイミングなのではないでしょうか。

ポイント4 セキュリティの特典

ドコモ光のプロバイダによっては無料のオプションとしてウイルスソフトを使えるところもあります。

無料でウイルスソフトが使えるのは1,2年くらいとなっていて、パソコンやスマホを安全に光回線に接続できる無料レンタルに対応しているプロバイダを選びましょう。

ポイント5 回線のスピードと安定度

ドコモ光は最大の速度が1Gbpsといわれていますが、プロバイダ如何によって半分以下になってしまうこともあります。

インターネット環境というのは、各地域に設置された基地局によって成り立っています。

さらに、基地局に対する利用者が多ければ多いほど混雑するので、通信速度がどうしても遅くなってしまう可能性があります。

v6プラスという接続方式になっているプロバイダを選択して、v6プラスに対応したルーター端末を使えばこの問題は解消されるでしょう。

v6プラスという接続方式なら、アクセスが集中する箇所が解消されるので、混雑して回線が不安定になったり速度が極端に遅くなったりということを避けられます。

ここまでで、ドコモ光のプロバイダを選ぶコツをすべて解説してきましたが、すべて満たしている当サイトイチオシのプロバイダが「GMOとくとくBB」なので、ぜひ検討してみてください!

最強に得するプロバイダはこれしかない

ドコモ光を契約するときにどのプロバイダが一番お得なのか、何個かのプロバイダを一覧表にしてみました。

v6プラスという技術はプロバイダの接続方式で、混雑しない最新の方式となっています。

自分が使っているエリア内で同時に接続する人が一時的にでも増えてしまうと回線が遅くなってしまいますが、そういったことを回避できるようなメカニズムとなっています。

v6プラスを使っていて回線が遅いという口コミを見たことがないくらいの早さで、v6プラス方式を採用しているプロバイダがそういう意味でもおすすめです。

GMOとくとくBB キャッシュバック:20,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

@nifty 20,000円 キャッシュバック:20,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

ぷらら 15,000円 キャッシュバック:15,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

OCN 20,000円 キャッシュバック:20,000円 タイプA:× 無料ルーターレンタル:× 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

DTI キャッシュバック:なし タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

BIGLOBE キャッシュバック:なし タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

上の一覧にあるように、GMOとくとくBBや@niftyなどは最高金額の2万円もの高額キャッシュバックをしていて、他の観点から見てもすばらしいプロバイダです。

GMOとくとくBBにいたっては、さらになんと無料でもらえるWi-Fiルーター端末があります。

GMOとくとくBBで無料でもらえる端末のクオリティーは高いものばかりなので、最高速度が速いものばかりのラインナップとなっています。

GMOとくとくBBの端末がどれくらい早いのかが一目瞭然にするために、他のプロバイダでレンタルされている端末と比較してみました。

GMOとくとくBB WSR-2533DHP3(BUFFALO) 小売価格:約9000円 1733Mbps 800Mbps

ぷらら WN-AX1167GR2(IODATA) 小売価格:約5000円 867Mbps 300Mbps

@nifty WRC-1167GST2H(ELECOM) 小売価格:約7000円 867Mbps 300Mbps

上記の一覧表を見てみると、GMOとくとくBBでもらえる端末が他の端末を引き離していますね。

ルーターの端末はすべて5Ghzと2.4Ghzを使用することができますが、それぞれで最高通信速度が変わってきます。

v6プラスの光回線が使えるので、Wi-Fiルーターはできる限り早く、高価なものを手に入れることをおすすめしています。

最高速度を誇る端末を無料でレンタルできるので、GMOとくとくBBは他のプロバイダよりも圧倒的に優秀だといえるでしょう。

キャッシュバック総額やキャンペーンやオプションなども優れていますが、端末などのユーザビリティーでも優れている「GMOとくとくBB」はとにかくおすすめのプロバイダです!

ドコモ光のプロバイダ選びなら「GMOとくとくBB」がナンバーワン!

GMOとくとくBBは東証一部上場のGMOインターネットが経営しているプロバイダで、光回線を導入する場合はとにかく最強クラスにおすすめです。

GMOとくとくBBは光回線の本契約のみで2万円のキャッシュバックがもらえて、さらに次のようなキャンペーンもついています。

1,dポイント最大2,000pt

2,Wi-Fiルーター無料レンタル(v6プラス対応)

3,ドコモ光専用無料訪問サポート(1回)

4,セキュリティ1年間無料(マカフィー)

これらのような特典が無料でたくさんもらえるので、これから光回線を安心して快適に使えると思います。

たとえば、ドコモ光を公式サイトから申し込んだらほとんどなにももらえませんが、プロバイダ経由で申し込むだけで、数万円のキャッシュバックがもらえますし、その他のいろいろな無料オプションが付いてきます。

ドコモ光の契約期間が2年間だとして、最初にもらえるキャッシュバックの金額を総額から引いてみると実質月額料金がかなり安くなる計算になります。

もしドコモ光公式サイトからキャッシュバックなしで申し込んだら月額がだいたい4500円くらいになり、GMOとくとくBBのキャッシュバックで割引をしたら3800円くらいになります。

GMOとくとくBBなら実質月額料金がかなり安いというメリットがありますが、さらにいいところは通信速度がハイスピードで安定しているというところではないでしょうか。

GMOとくとくBBなら、通信速度が快適に使えるv6プラスにも対応していて、高速通信ができるルーター端末をレンタルできるので、ナンバーワンにおすすめのプロバイダになります。

GMOとくとくBBの場合は、光回線の速度が安定していて速いという口コミがかなり多く寄せられていて、なんと100Mbpsを下回ったらポイントがもらえるという特典もあります。

プロバイダだけを変えたいときは?

ドコモ光を現在使用中のお客さんであれば、プロバイダの変更について検討している人も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

ここからは、ドコモ光のプロバイダ変更の際の注意点やステップなどについて順を追って解説していきたいと思います。

プロバイダを解約するときの金額

ドコモ光でプロバイダを変更する時は、基本的に以下のような料金が発生するようになっています。

ドコモに支払うプロバイダ変更に伴う事務手数料が3300円、プロバイダの違約金などです。

また、単独タイプからAタイプ、Bタイプへの変更の場合は事務手数料がかかりません。

ちなみに、プロバイダの解約などの手続きはドコモ光がやってくれるので楽ちんです。

しかし、オプションの解約などについては、ご自身でプロバイダに連絡をして解約をする必要があります。

プロバイダだけを変更する方法とは

プロバイダの基本的なことであれば、次のような手順を使えばプロバイダを変更することができます。

プロバイダ変更の手順というのは、インフォメーションセンターへ連絡してショップへいくだけです。

しかし一つありまして、それはプロバイダを契約するときにオプションに加入している人は自分から連絡する必要があります。

プロバイダへの追加の連絡が必要かどうかは、ドコモ光に連絡するときに確認しましょう。

プロバイダ変更にメリットはあるのか?

プロバイダ自体の変更は手数料が約3000円くらいですぐにできるので、プロバイダに不満足な点が見えたのであれば、すぐに乗り換えてもいいと思います。

そもそもドコモ光のプロバイダを変更しようとしている人は、回線速度が遅かったり、つながりにくくなったりという不満な点を抱えていると思います。

そういったときは、GMOとくとくBBなどの最新の接続技術を確立しているプロバイダがとくにおすすめです。

プロバイダのキャンペーンとドコモ光公式のキャンペーンを同時併用

プロバイダの独自のキャンペーン以外にも、ドコモ光が公式サイトでやっているキャンペーンを同時並列的に受け取ることができます。

ドコモが公式サイトでやっているキャンペーンとしては、工事費が無料になるものと、ドコモ光セット割りという2つの割引があります。

ドコモ光のセット割り

ドコモ光の公式キャンペーンには、ドコモの携帯ユーザーであれば、持っている回線数x1100円の割引がしてもらえるという大変お得な割引となっています。

たとえばですが、家族3人が全員ドコモの携帯を持っていたら以下のような割引になります。

戸建てプラン 月額料金:5,720円 割引額:3,300円 割引後の月額料金:2,420円

マンションプラン 月額料金:4,400円 割引額:3,300円 割引後の月額料金:1,100円

上記のように、家族みんながドコモユーザーだったら、ドコモ光を導入したらかなりお得になることが一目瞭然ですね。

回線工事が無料になる

ドコモ光では工事費無料キャンペーンというものも実施しています。

ドコモ光の工事費はマンションと一軒家で違いますが、約15000円から2万円くらいが無料になります。

なので、ドコモ光を新規契約して7ヶ月以内に使い始めることにより工事費が無料になってしまうのです。

しかし、NTTの回線を現在使用している人の場合だったら、キャンペーンを利用しなくても無料になります。

ドコモ光の疑問質問に回答

ここまではドコモ光の回線についての仕組みや、お得なプロバイダなどについて解説してきましたが、最後によくある質問をまとめてみたので、是非ご覧ください。

ドコモ光でゲームに適したプロバイダはありますか?

ドコモ光でプレステなどのゲームを快適にやりたいときは、ドコモ光の回線速度をマックスで活用できる、v6プラス接続に対応しているプロバイダを選ぶことが肝要です。

通信速度の評判がよくて、v6プラスにも対応しているWi-Fiルーターを無償で提供しているGMOとくとくBBが一番おすすめです。

プロバイダがv6プラスの接続方式になっているところは、スマートな接続ができるので、快適なネットライフを送れると思います。

引っ越しするときはプロバイダへの連絡も必要ですか?

ドコモ光のネットを移転させるためには、プロバイダに個別に連絡を入れる必要はなくて、ドコモ光のカスタマーセンターから手続きをすることができます。

また他にも、ドコモ光から移転の手続きをすると、ポイントがもらえるので、こういったサービスも積極的に活用していきたいところですね。

移転先においては回線工事が必要なパターンもあるので、最低でも2週間以上前からは手続きを済ませておきましょう。

ドコモ光でテレビを見ることはできますか?

ドコモ光のテレビオプションというオプションをつけると、テレビのアンテナを設置せずにBS放送や地デジを見ることができます。4Kにももちろん対応しています。

テレビオプションの料金としては、月額825円がかかって、スカパーなども見ることができます。

NTTのひかり電話をドコモ光の電話に転用する場合の手続き

光電話をドコモの光電話に転用するときは電話番号が継続という形になります。

なお、ドコモ光の回線契約と、光電話の契約を同時申し込みすると、工事費用はかかりませんのでお得になります。

プロバイダだけを変えたいのですが?

もちろん、ドコモ光を契約したあともプロバイダの変更はできるようになっています。プロバイダの変更はカスタマーセンターから行いましょう。

変更はできますが、プロバイダの変更手数料として3300円かかりますし、プロバイダを変えることによってドコモ光の基本料金自体もかわってきます。

すでに光回線があれば工事不要

作業員の工事がなくて、ドコモ光に申しこんで、ドコモ光を開通させるためには、以下のような理由があります。

auひかりやソフトバンク光などからドコモ光へ転換したときは、光回線がすでに自宅に引き込まれているので工事が不要になります。

こういった場合には、すでに自宅に導入されている光ファイバーにドコモ光を接続することができるんです。

工事作業員なしでドコモ光を工事する場合でも、2200円かかるのですが、微々たる工事費ですね。